Archive of ‘イベント’ category

APOLLOのお礼とご挨拶

皆様、ネットイベントAPOLLOにお越しくださり有難うございました。
今までもBOOTHは利用していたのですが、イベントへの出展は初めてになります。
目を見張るような盛り上がりを見せていてとても驚きました。
ユニットのラスト作品もわたしのソロCDも、たくさんの方にお手にとっていただきました。
イベント出展が新しい出会いに繋がっていれば幸いです。
今後もBOOTHで引き続き配信を行います、次回のAPOLLOも参加できたらなと思います。



「同人活動一区切りにしますね」と言い始めて、見事に1年半が経過しました。
昨冬にソロとユニットも出し終えて、冬コミが集大成となる予定だったのですが、あっという間に時間は流れ・・・
やっと抱えこんでいたものを皆様にお届けすることができました。もう未公開情報はありません。

ただのカラオケ好きが思いつきで動画をあげたのが2007年の10月。
応援してくださっている皆様の声、関係者様の暖かいご支援、
そして色々な楽しみ苦しみを共有してきた友人たちと、
全ての皆様に支えられてここまで長く活動を続けてくることができました。
本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

関わった作品の続編等にお力添え出来ればとか、
内々のお祭り(Lifeof某)がまたやりたいといった気持ちはありますが、
大々的に何か始めます!ドン!はないかなと思ってます。

ドメイン更新が今月半ばだったので、しばらくサイトは生きています。
日記も適当に書くかもしれません。

エオルゼア生活もしてるし、ネットやめるとか交友なくなるとかではないので、
何処かで相まみえることもあるかと思います。
その時は何卒よろしくお願いいたします。

「らすとじぇねれーしょん!」

jacket01
(→画像クリックで特設ページへ)

ユニット「なゆまめーしょん」ラスト作品ができました。
「つよい!かわいい!新時代!』を掲げて活動してきた当ユニット。
時代の最後ではなく、私達の時代はこれからだ!という締めの1枚になります。

6月17日AM10時~のpixiv主催APOLLO第6回にて、DL限定配信を行います。
今回はツインボーカル曲と、各ソロ1曲ずつの全3曲収録。
楽曲のwavデータ、イラスト、歌詞カードのzipファイルつきです。
※APOLLO終了後は、BOOTHの作品ページよりDLいただけます。
※本作品のCD化はありません。

この作品の公開にあたり、関係者の皆様には本当に暖かく、熱くご協力をいただきました。
いかに周りの方々に支えられて活動を続けてこられたかを改めて考える機会となりました。
本当に本当にありがとうございます。

以下、色々と書いています。

-------
■楽曲について
■旧譜について
■今後について
-------

■楽曲について

1. 緊急政見SONG!ごはん党vsおにく党 試される有権者の心と胃袋…あなたはDOCCHI!?
ユニット曲は、おでんぱ☆スタジオのひろて~さんにお願いしました。
この曲は、ユニット名を考えるときの会話が、そのままネタになっています。

”自分たちの好きな食べ物から考えよう→肉が好き、炭水化物が好き→・・・にくたん?”

我々の永遠のテーマといっても過言ではありません。
もう少しでNIKUTANとかにくたんとかになるところだった。
ひろて~さんにも「肉と炭水化物の歌を作ってください」とそのまま無茶ぶりをしていて、
我々の表現したかった世界を1000000000%作り上げていただきました。

元々ユニット名がなかった頃、友人たちから「なゆまめ」と省略されていて、
それを活用するために「ーしょん」と付けて、今の形になりました。
考えたときは「いや…さすがにw」と言っていたものの、数日後に「良くない?」と採用へ。
結果、すごくわかりやすい名前になっていたなと思います。

合いの手には、ライブ以降お世話になっている秘密結社はみはみのひかりちゃん&ゆづのちゃんにもお手伝いいただいています。
トラックリストに使用されているイラストは、ゆづのちゃんにご提供いただきました。
はみはみ&なゆまめの焼肉を欲する薫りがするぞ。

2. アイワナゲッチューラブミーダーリン☆
doubleelevenの山下航生さんにお願いした、なゆちゃんのソロ曲です。
昨年秋のライブ『Cunetry☆Stage』で先行お披露目されていたと伺っています。
半年以上の時を経て・・・ようやく音源としてお届けできました。

ライブステージのレギュラー入りまったなしのハイパーソング、
これ完璧に合いの手決まったら絶対楽しいだろうなーと感じています。
山下さんが「お婿さん探しソング」と仰っていて、
歌詞を拝見して、大丈夫か?王国モードじゃないか?と思ってしまった。

3. melt my night
わたしのソロ曲は、なゆちゃんたっての希望で(強調)colateさんにお願いしました。
元々の頒布予定に合わせて、キラキラした冬の楽曲になっています。
・・・夏になってしまった。。また冬に聴いていただけたら印象が変わるかな?
以前colateさんとなゆちゃんが組んだときの楽曲に寄せてあると伺いました。

雪の結晶や、雪の中に佇む女の子の映像が浮かんできて、
淡い、儚い雰囲気を表現できたら良いなと思いながら歌っています。

■旧譜について

過去作「えくすくらめーしょん!」「さまーばけーしょん!』についても
CD頒布終了のため、一部楽曲を除いて同じくBOOTHにてDL配信を開始しました。
もしお手に取る機会がなかったよという方がいらしたら、是非覗いてみてください。
→BOOTH「えくすくらめーしょん!」

■今後について

今後ユニットがどうなるのかということについて、公式な声明は出せないのですが
私個人としては、何か活動をすることはないだろうという認識でおります。

CDのゲストに呼んでいただいたり、並んでライブに出演したり、
短い間ですが、ユニットでしか出来ない経験をさせていただきました。

元々積極的に制作を行うほうではなかった2人が、
ああでもないこうでもないと、時にはT駅近くの○イゼで頭を悩ませたりしながら作り上げてきました。
「音楽性の違い」というテンプレがぴったりすぎるぐらい、触れる音楽は真逆でした。
好みのアニメも好みのキャラクターの系統もあまりにも違います。
というかそもそも、2人の年齢が結構離れていました。あ、4さいと14さいだしね。

最後の作品がCDでお届け出来ず大変心苦しく、また寂しいお声も頂戴していますが、
どうか我々の最後の作品として、受け取っていただければと思います。

コミティアおわり&VR

本日はコミティアありがとうございました。
Confetto様(ななひら先生)のブースで、
2人で交代で挨拶いったり買い物いったりしながら、のんびりとイベント過ごしていました。
コミティアでしかお会いできないような方にもご挨拶できて楽しかったなぁ。

メモリアレイン、どう見てもM3向けのCDだけどイベントには置けなくって、
違うイベントまで延ばした方がいいかなぁとも考えていたんだけど、
緊急でななひら先生に救済していただいた感じでした。本当に本当にありがたかった。

イベントで手に取ってもらえるのと、お顔が直接見られるからやっぱり嬉しい。
色々イベントが重なってて行けない、というお声も耳に入ってます。
勿論、お気持ちだけでも十分です。どうもありがとう。
そういうお声に支えられて、ずっと頑張ってこられたなと思ってます。



あのね、ちえさん&れいなちゃんのブースでVR初体験してきたんですよ。
アイドルになってきました。言うなればVRプリ○ラ。

本当にね、すごかったんですよ。
可愛い格好をして、わたしがとったヘンテコなポーズに合わせて
キャラが同じようなポーズを取 っているはずなのに可愛い。
ああ可愛い。何しても可愛い。はあ可愛いイースターパーティー。
キラキラした世界でわたしはアイドル、アイドル・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・?????

なんで?なんでゴーグル外したらこんな薄暗いん???????

ビッグサイトのやや薄暗い感じがさ、現実に戻されました感が半端なくて。

360°どこ見てもキラキラした世界だったんだよ。おかしくない?
なんで?こんなはずでは???うそやん????????

超タイムリーなんですけど、GWでSAOのアニメ見直してるので、
キリト君たちがどっぷり浸かってたのも本当によくわかった。

VRは人間をだめにするぞーーーー

VRの向こうはね、本当にひとつの世界だなと思った。
FF14がVR対応したらわたし社会復帰不可能だよ。間違いないよ。
まぁパッチ7.0くらいまではなさそうだけどさ。ないよね。ないのかなぁ。

秋の告知2件!

10月最後の日曜日は~?
M3だー!


2015年10月25日 M3-2015秋@東京流通センター
◆第2展示場1階 か-14ab Zero-Shaft

Zeroの新譜です。J-Popのラブソングを中心にカバー6曲のアルバムです。
なんだこの選曲、って企画者本人にも何度言ったかしれないのですが、
「アラサーには懐かしく、若者には新しいカバーです!」とのこと。

わたしはCURIOさんの粉雪はこの企画に際して初めて拝聴しました(主張)
子供の頃は特に音楽に微塵も興味がなかったからなぁ、テレビも見せてもらえず。
音楽に興味を持ったのはぴたテンとかG.A.とかの影響だろうなぁ。

当日は
・なゆまめーしょん『さまーばけーしょん!ぷれびゅー』2015夏コミ
・なゆまめーしょん『えくすくらめーしょん!』2014冬コミ
・ゆきまめ『海底図書館のプリム』2015春M3
も置かせてもらいます。

今度のM3はなゆちゃん欠席なので、なゆまめCDが置いてあるのはぜろだけ!
今回は第二展なので、駅出て近いほうですよ。

–*–

そして変わった告知を1件。

魔法幼女projectさん「魔法幼女えれめん☆ぽっぷ」で、土井つちかちゃんの声を担当しました。
こちらは、10月24-26日開催の武蔵野美術大芸術祭(10号館104A)でお披露目になります。

2分程度の映像作品で、ちょっとしたボイスと、歌を2曲収録しています。
映像DVD&CDのセットを頒布されるとのこと。
情報の詳細は公式Twitterをご覧ください~!

つちかちゃんは名前の通り土属性の幼女でございます。

わたしも土曜日にお邪魔してこようと思ってます~。
映像はもちろん、屋台やハンドメイド作品なんかもいっぱいあるみたいで、
今から超ワクワクしてます。いいね学祭。

ライブがおわりました

ライブがおわりました。
ありがとうございました。

やりきってしまって。力尽きています。

11時スタートという早さ。
移動時間考えたらみんな朝早くから準備することになったんじゃないかと思うんですが、早くからたっくさんのお客さんが来てくださってて。

とても不安でした。

コミケで、いつも顔を見せに来てくださる方々が続々と「その日は・・・」「その時間は・・・」と仰ってて、アアアッお客さんいなかったらどうしよう!って!とても不安でした。
でも、こんなにわたしたちのライブを気にかけてくださる方がいたんだと思えてね、その声だけでもすごく嬉しかったです。元気が出ました。
そこでステージに上がったら、お客さん本当にいっぱいいて。
わたしあの4分の1ぐらいでもおかしくないと思っていた。本当にびっくりした。

25分間、あっという間でした。
自分自身の限界を出しきったステージだったと思います。特に悔いはないです。
強いて言えば髪飾り逆につけとけばよかったねってことくらいです。
あとガム噛みすぎってことくらいです。(動画もらった)


—–

わたしが求められる限りは、いろんなことをやろうと考えてきました。

でも、そうやって流されるようにしていてはダメだと、自分の最後ぐらい自分で決めなきゃダメだと思って、それでわたしのライブは最後にさせてもらいました。

最初にラストライブと申し上げた時点から引退なのかって言われてたんですが、元々ライブをする人間ではなかったので、そこは終わりにするよ、と伝えたかっただけなんだ、本当に。


イベントでは割と頑張ってヘラヘラしているつもりなんですけど、本来とても人見知りで内向的な生き物なんです、わたし。
人前で歌って踊るなんて考えられなかった、画面の向こうで歌うことと全然違うんですね。
もうやだ次はない次はないとびーびーしながら、なゆちゃんに引きずり上げられるようにして(悪い表現ではない)死んだような目でステージに立っていたのがわたしです。


電キュン、PCS、そしてtwinkleと、わたしのステージはずっとなゆちゃんと共にありました。

衣装とか振り付けとか全部なゆちゃんが考えてくれたもので、わたしは何もしていないのだ。
(正しくは「それは難しいんじゃないかなあ」を連呼し続けただけ)

もし今後機会があったら、わたしの大切な相方のなゆちゃんのステージ、絶対一人でも多くの方にステージで輝く彼女の姿を見に行ってもらいたい。
衣装に振りに練習、妥協しないで完成されたステージを作り上げようとする高いポテンシャル、わたしは心から尊敬しています。
そして高い向上心ね、次はこここうしたいって言って、もっともっと輝いて帰ってくるの、間違いなく。

わたしが横にいたら間違いなく足を引っ張ってしまうから、本当にもったいないんだ。
自分がそうなれるとは思わないし、でもそうなろうというパワーがわたしにはないのね。それを変えるつもりもないし。
一番近くにいたからこそ、わたしが一番よくわかっているつもりです。
必ず満足させるライブをしてくれるすごい方なのですよ。

—–

今までのライブの思い出でも書けばいいのかね。

電キュンでは歌い手4人として声をかけてもらって、他の2人(りこ。ちゃん、ひなうさちゃん)は1人で1曲だけど、我々は不安だから2人で2曲にさせてもらうかーと言って、カバー曲とダメダメをやりました。

PCSでは、ソロ→ソロ(でわたしが絶命した)後、ダメダメをやりました。

遊びに行った電車の中の会話でなゆまめーしょんが結成されたのは、その少し前だっただろうか。

そして今回。ダメダメでしめると思うじゃん、でも頭にもってっちゃうよね。意外。
ハートキャッチダメダメ。
ダメダメ、まじがーる、キミナビ、夏色。やれるだけ詰めたねって感じです。
本当に、悔いはないです。

良い一日でした。
はみはみさんという最強に面白い女性達に出会えた一日でした。

1 2 3