Archive of ‘日常’ category

一番付き合いの長い友人の結婚式に参列してきました。
可愛くて超気さくで、でも争い事を面倒くさがるゆるい性格で、
男女問わずとてもとても愛されるひとなのだった。



あとはなんか覚書みたいなこと。
(さらに…)

メリークリスマス!

3月から一切更新していませんでした。なんてことだ。
これだけでは既に事切れているようだったので、右サイドバーに冬コミの告知と、Twitterのウィジェットを貼りました。
活動情報も、最新版まで更新しました。
今回の冬コミは、なんと新曲12曲です!1イベントにおける史上最大数を更新してしまいました。
これから数日間かけて、きちんと告知の文章を書いていきますね。

Twitterで秋頃に書いたのですが、なゆまめが製作中の新譜を抱えたまま冬コミに落選したので、
活動やめますは春M3まで持ち越しとなりました。
このことは、イベントでもツイッターでも色々な方とお話をしたんですけれども、
なんとなく始めたことを、なんとなく終わりにするだけなので、
引退とかそこまで晴れ晴れしく表現するのはなんか恥ずかしいなという感じです。

というところまで書いて、冬の告知の文章を推敲する作業に戻ります!
今回の告知はとっっっっってもビッグだ!!!気合を入れますね。かしこ。

全然メリークリスマスなこと書いてないじゃないですか。やばいですね。
もうすぐ年末だと思うんですが、1年間あっという間ですね。
社会に出てから、ますます1年過ぎるスピードが上がったなと思ってます。
春、夏のニュースが数ヶ月前ぐらいのことだと思ってた・・・とか。皆さんはどんな1年でしたか?
わたしはふと思い立って仕事を辞めました。自分の見ていた世界は狭かったなと思う日々です。

2016

あけましておめでとうございます(二度目
あっという間に今年が2ヶ月おわりましたね。
この文章を公開するときは3月でしょう。
春の訪れと共に、わたしはまたひとつ歳をとります。

2011年生まれの間は、超絶雨女でした。
誕生日はびっくりするほどの大雨、翌日に風邪をこじらせ2週間治らず、珍しく飲み会の幹事をすれば大雨、お出かけの約束をしたら大雨。

あとは自分と向き合ってばかりいたね。
自分がどんな風に人と接しているか、何を望んでいるかとか、きちんと考えてみたりして。

そして痩せたようです。
イベントで人前に出るたびにやつれていたので、病気を疑われたりもしましたが、ただ高校生の頃の姿に戻っただけです。
JK時代よりはちょっと体重が重いし筋肉がないけど。


そんな感じで2012年生まれになります。
ということと直接は関係ないのですが、わたし今年いっぱいで活動を辞めようと思います。

本当は今日CD出すねって告知して終わってるはずだったんですけど、あらゆる事情が重なり、すんなり事が運びませんでした。
関係各位の皆様には大変申し訳なく…本当に申し訳なく…。


大きな理由は、特に何にもないのです。
ライブの時も結婚引退?と結構な数言われましたが、そういうわけでもないです。誠に遺憾である。
たぶんわたしは、結婚するなら歌なんかやめてくれというような人とは一緒にならないと思います。

今年いっぱいと書きましたが、今お約束のある案件以外はお受けしないつもりです。
なので、プリムちゃんで少しだけやり残したことをやるためにソロで1枚と、なゆまめできちんとしたアルバムを1枚作って、それでゆきまめの声の活動は全て終わりにしようと思います。

ソロCDの情報と一緒に、スッと書いてスッといなくなるつもりだったんですが、
有難いことに新しいご相談を頂くこともあるので、早めに記事を書きました。

早めにといっても、たぶんまたぼーっとしてるうちにM3が2回すぎて、年末になっているのかなーとか、考えるよね。
このことは本当に片手でおさまるくらいの方々にしか話してなかったんですけど、
誕生日に雪と水色のモチーフのものをいただいてね、はー今はまだゆきまめさんでいようかなって感じがしましたね。

なゆちゃんにも、つい最近伝えました。
なゆまめーしょんという両極端のユニットはね、1人では決してやろうと思わなかったこと、出来なかったこと、お互いにたくさんあるんじゃないかなって思っているんですね。
夏に節分、ていうおかしなバランスがね、我々の両極端を支えているんだろうとね、思いますね。


という流れで弱音を書き連ねかけたんですが、消しました。

そんな感じでした。
今年も何卒よろしくお願いいたします。

秋M3明けの下書きを発見しました

あけましておめでとうございます。
あまりにも昔すぎる文章なので下に下げますね。



M3おつかれさまでした。
所用でほとんどスペースにいなかったので、会えなかった方が多かったなあ。
腱鞘炎でひいひいしていました。

という文章を書いては消して書いては消して下書きがたくさん増えていました。
腱鞘炎の愚痴をかきますね。

少し力を入れたときに痛い気がするなぁ、という程度の違和感から始まり。

「なんかー腱鞘炎っぽいんすよネ~?」とか言ってたら、
ある朝突然、手首が痛すぎて目が覚めて、ボールペン持つのもやっとという激痛に進化。
それがM3翌日だったっていうね。
M3でも手首痛くてさーとか言ってたんですよね、痛くて手が振れなかったんだわ。

注射してもらって、そこから日常的に痛みを感じなくなるまで2週間ちょっとぐらいかなぁ。

最初に違和感があったときから10日ぐらい経っての出来事でした。
甘く見ておりました。
重いものを持つときはね、手首は全然痛くなかったんですね。
でも何かをひねったりとか、ハンコを押したりとか、
そういう日常の些細なことでズキッと傷むので、そのたびにヒィッて顔をしていた。
ひねるという動作がとても鬼門だったね。

今は頬杖ついても痛くないぐらいに回復はしたんだけど、
握って強く押す、みたいな動作をするとちょっと変な感じがする。
あとはコントローラー握ってると、突然じわーっとした痛みがきたりして。

この違和感とはずっと付き合っていかないといかんのかなぁと思ってます。
一度発症すると一生付き合っていくもんらしい、と先人に脅されているし。
M3行ってる間に新しいiPhoneが届いてたんだけど、普通ならヒャッハーツイートをするじゃない。
そんな余裕も一切なかったよね。わたしも6S民です。軽くていいですよ。

好きなこと

プリムのセルフプレビュー?を公開して完全に力尽きて、
サイトにアクセスする元気すらなくあっという間に6月です。
圧倒的文字崩を整えて少し文章を整理しました。

改めて「海底図書館のプリム」お手にとっていただいた方、有難うございました。

プリムを作っていたときのわたしに出来たこと、全部詰め込みました。
音楽との向き合い方、感情、などなど、何をとってもあの時のわたしを完全に再現することはできないので、
もう今のわたしには出来ないこともあるんじゃないかな。
わたしのひとつの軌跡として、大切にしていきたいと思います。

先日友人2人から「「それはまた別のお話」」と攻められたんですが、
今後のプリムについては特に何にも決まっていません…。
やりたいなと思う曲が1つ残ってるんだけど、それを形にしようと動けるかどうかかなぁ。
個人ではしばらく予定はないですけど、その他はまた何か動くかもしれないので、
夏も待っていてもらえたら嬉しいな。

– * – * –

記事のタイトルね、好きの話。趣味の話なのかな。

定年を過ぎてまもなくの方から
「自分は好きなことがいっぱいあるから、時間が出来てやりたいことをたくさんやれる。
今まで頑張ってきて全てをやり切ったから、これはそのご褒美なんだ」って話を聞いて。
もっと細々と話したけど、なんだか衝撃でした。

何十年かたって、全てをやり切ったと自信を持って言えるようになったとき、
自分には何か残っているものがあるのかなと。

わたしの活動のことは、オタ的にも同人的にも物理的にも説明するのが難しいので黙っているんですが、
「休みの日は何をしているの?」に対して「寝てます」っていう残念な解答しかできなくて。
基本的に何かに流されるようにして生きているので、
もしかして自分で自信を持って好きだと言えるものがないのではと、ちょっと考えてしまった。

わたしと同じくらいのお子さんが演劇にのめり込んでいる、って話も聞いてね、
世代がどうのではなく、好きなことに打ち込めるって、とても素晴らしいことだなと改めて思ったんですね。

音楽とか演劇とか、誰かの反応があるから良いよね、って話になって、
舞台は違えど、この感覚は同じなんだなーと思いました。
そしてまた、応援してくれる皆さん、支えてくださる方々、大切な友達あってのゆきまめですに戻るのです。
なんかこのこと日記とかツイッターでしょっちゅう書いてる気がする。無限ループだ。


皆さんの一言が励みになります!といいながら、
わたし自身は好きという気持ちを自分の中で飲み込んで勝手に消化してしまう意気地なしなので、
完全に矛盾しているのですが…。

例えば声優イベントにいって、あああ生きてて良かったたのしかった高まるこの気持ち!素晴らしい!
・・・スウ、みたいな。消化。
そのままファンレターを書いたりラジオに投稿する方ほんとステキだと思う。間違いなく伝わるもんね。

プリムの制作で、どんな方々にも感謝の気持ちを忘れてはならないと、本当に何度も何度も考えました。
言葉にしないと何にも伝わらないからね、何回でもありがとうと言っていきたいなと思います。
ありがとうとごめんねは先手必勝だ。

1 2 3 4