怒涛の一年

冬季休暇入って大晦日になると何となく今年を振り返りたい気持ちになりませんか。
…と言いながら書いたり消したりしてて、あまり発信できることなくない?となってしまいました。

学生時代は生活とか色々事細かに書いてたんですけど、今はほぼゲームかイベントの話しかしないですね!って突っ込まれたんですが、本当にその通りですね。
後で見て恥ずかしくなるようなこと書いとくのやめようと思ったら何も書けなくなってしまって。なんて恥ずかしい人生なのか。

一年をまとめるならとにかく「怒涛」だなぁ。

音楽の面では「Floating Sweets World」の感想をのんびり探し、シングル2枚をなんとか送り出し、「Theme of Ricerca」という大きなお仕事をさせて頂きました。

FSWもRicercaも、これまでとは全く違う方にも聴いていただける機会を得て、世界が広がった作品です。
音ゲーマーの方がわたしの歌を聴いてくださっている、曲についてツイートをしてらっしゃる、あとハイスコア上げてるとか、初めての体験でしたね。今でも不思議な感覚です。
わたしのオタ生活を構成するものは「声優」「ゲーム」の2つ柱でありましたので、ゲームに関われるのは本当に本当に有難いことでした。
貴重な経験をさせて頂けたことに本当に感謝していますし、感想を送ってくださった皆さん、Ricercaが今年のヒット!と発信している皆さんの声が本当に支えです。

春に作ったソロシングル「メモリアレイン」は、自分でイベント出展して頒布というスタイルではなく(ティアで委託させてもらったんだけど)
ほぼ全部自家通販という感じだったのですが、たくさんの方に手にとってもらって本当に驚いてます。
今も忘れかけた頃に注文いただいてて、巡り合わせすごいなと思います。

個人的には良くも悪くも事件だらけで、年始早々に手術事件とか、家族が増えたり減ったりする事件とか、アイドリッシュセブンにどハマりして「推し」という感覚を知ってしまった事件とか、大好きな金色のコルダ2がリメイクされる事件とか、本当に怒涛の一年でした。
来年は良い事件の比率がもっと高いといいなぁ。

健康に気をつけねばと考えることが増えてます。皆さま今年はお世話になりました、良いお年をお迎え下さい。

Comments are closed.